2013年04月20日

Slingbox PRO-HDのレビューまとめ

Slingbox PRO-HDは、リンカーン等のTVや雑誌でも特集が組まれたことがある。
Details here
そんな訳で知っている人は知っているインターネット転送システム、Slingbox PRO HDのレビュー(口コミ)情報をまとめてみようと思う。基本、スリングボックスを購入している人は、海外赴任が決まった人が中心なようだ。稀に結婚などした人が実家でしか観られない番組を観るために購入したりもしているそうだ。スリングボックスを活用すると、自宅のTVを自宅外からでも観られるようになる訳だが、よくあるレビューが、PCでは全く問題なかったが、携帯電話やタブレットでは使い勝手が落ちるというもの。スリングボックスの性能は、こうした端末の通信速度が大いに影響するのだそうだ。

あと、不安に感じている人が多そうだが、設置・設定作業は付属のマニュアル通りに進めれば簡単。よっぽどパソコンやAV機器に疎くなければ、設定、使い方で悩むことはない。それから、Slingboxの場合説明書が全て日本語なのが高評価な要因のようだ。VULKANO FLOW(ボルカノフロー)というアメリカ製の転送システムもあるが、これは全て英語。

最後にクチコミでよくコメントされているのが、アプリの問題。パソコンで観る人は関係ないが、iPhoneやアイパッドで視聴する場合には、別途専用のアプリを購入する必要がある。大体1,000円強(初回に1度支払えばOK)するのだが、これがちょっと面倒くさい…という意見が散見された。海外に転勤する人たちにとっては大変重宝するアイテムなのだが、実は、このプロHDの上位版がある。というか新発売された。Slingbox pro-hdに興味を持ち始めた矢先だったので、驚きを隠せない。
SlingBox 350 SMSBX1H111
基本仕様は同一。より小型化され、高解像度化(1080p対応)した最新モデルだそうだ。安い上に高性能なので、個人的にはSlingbox 350がおすすめ。
posted by スリングボックスを語る at 19:11 | 口コミ情報

2013年04月11日

Slingbox PRO-HDが激安で買える

今、Slingbox PRO-HDを激安で買えるみたいだ。

なぜこんなにお買い得なのか不明。が、最新版のSlingbox 350でもSlingbox PRO-HDでもどちらでも構わない…という人は、みてみるのがおすすめ。販売元がSling Media社になっている。新型(Slingbox 350)が発売されたので、旧モデルをさっさと売り切ってしまおうということなのかもしれない。勿論、正規品。というか、Sling Media社なので、正規品なのは間違いない。そんなわけで在庫限りなのではないかと思われる。あくまでも記事投稿時点での話だが、現状相当激安というか、Slingbox 350と比較して圧倒的に安くてお勧め。
posted by スリングボックスを語る at 21:06 | 雑記

2013年03月26日

スリングボックスと地デジの関係

「俺のロケーションフリー、使えなくなった」という人もいたりするのかもしれない。これが原因だと思う。
ロケーションフリーベースステーション LF-PK20
2006年にソニーから販売された製品だ。繋がらない原因は、アナログ放送に対応したモデルだから。以前は、SONYのロケフリが人気を博していたそうだ。が、その後、生産を終了してしまった関係で、現在、地デジ化に対応したロケフリでないとTVの視聴ができない。

地デジ対応のロケーションフリー
Location free
技術の進歩は目覚ましく従来品と比較して、遥かに高性能化している。それでいて激安だからいいな。それから1年ちょっと経過してバージョンアップしたのがSlingBox 350 SMSBX1H111。パソコン等も日進月歩で小型化、高機能化しているので分からないでもないが、かなり便利な世の中になったものです。
posted by スリングボックスを語る at 20:44 | 地デジ化に対応したロケフリ

スリングボックス 販売店

スリングボックス(Slingbox)って入用な人にはめちゃくちゃ便利だ。TVで観て知った…という人も多いと思う。
Slingbox PRO-HD
が、もっと安い代物があるのだそうだ。
New type
実は今月、最新版が販売されている。基本スペックはほぼ同じ。以下、相違点を列挙。

Slingbox PRO-HDとSlingbox 350の違い
寸法:37.2×24.6×9.8 ⇒ 18×11×4.5cmに小型化
解像度:1080i ⇒ 1080p(フルHD)
値段:29,800円 ⇒ ●●●円

上位モデルがあったなんて知らなかった…という人はみてみてください。新製品のロケフリなのに、あっと驚くほど安いです。個人的な意見だと、Slingbox 350(最新モデル)の方がいいです。
posted by スリングボックスを語る at 20:32 | 販売/最安値

SlingboxとVULKANO FLOWの比較表

スリングボックスと似た製品にボルカノフロー(VULKANO FLOW)がある。どちらも出先で自宅のテレビが観られる…という機械だ。似ているのだが、両者の違いを比較、列挙してみる。
Slingbox PRO-HD
VULKANO FLOW
再生対応機器
Windows、Mac、iPhone、iPad、Android
必要な環境
インターネット環境、ルーター(又は、ルーター機能内蔵のモデル)、設定にPCを使用
インターネット環境、ルーター(又は、ルーター機能内蔵のモデル)、設定にPC(Windows)を使用
必要な機器
レコーダー(Bluray、又はHDD等)、PS3(+torne)でも可
レコーダー(Bluray、又はHDD等)
入力ライン
D端子
解像度
1920×1080
720×480
設置代行サービス
有償サポートあり
近日提供開始予定
3G回線経由で視聴すると画質はワンセグ並
一度に視聴できるのは一台まで
メーカー保証
2年間
商品到着2週間以内の初期不良に限定
インターフェイス
日本語
英語
日本のAVへの対応
リモコンの機能をDLできるので、学習させる必要なし
自分でリモコンの機能を学習させる必要あり

補足)-Slingbox PRO-HDとVULKANO FLOW、両方共チューナー非内蔵。なので、地デジチューナーやHDDレコーダーといった映像を出力するためのデバイスを別途導入する必要有。
posted by スリングボックスを語る at 20:14 | スリングボックス vs ボルカノフロー